九谷焼は、いつ頃から始まった?

九谷焼歴史
江戸時代前期と言われています。1655年に前田利治が大聖寺藩を初代藩主として治めていた頃、その地に現在の九谷焼の陶石が採掘できることがわかり、藩の後藤才次郎を有田に向かわせ製陶を学ばせたとされています。その後に九谷の村(現在の山中町九谷村)にて九谷の窯を開いたのが九谷焼の始まりです。 しかしながらせっかく開窯に至った九谷の窯も何故か1700年代初期に閉じることとなります。わずか100年ほどのことです。この時焼かれた逸品が「古九谷(こくたに)」と称され色彩豊かな現在の九谷焼の礎となっています。 閉窯からようやく九谷焼の再興が始まったのがおよそ80年後のことです。 春日山窯(1807年開窯)、若杉窯(1811年開窯)、小野窯(1819年開窯)、民山窯(1822年開窯)、吉田屋窯(1824年開窯)、木崎窯(1831年開窯)、宮本屋窯(1832年開窯)、蓮台寺窯(1847年開窯)、松山窯(1848年開窯)と多数の窯が開かれていた。このいくつもの開窯によって九谷焼の多種多彩な画風が生み出されたのです。 その代表されるのが春日山窯の木米画風や古九谷の再興に奮起した吉田屋伝右衛門による吉田屋画風、細かなタッチの赤絵の宮本屋窯、金を使った金襴手の永楽窯などが今も作家たちに受け継がれています。 明治の時代にかわって、斎田道開(さいだ どうかい)、九谷庄三(くたに しょうざ)の二人の画工によって絢爛豪華な九谷焼が評判となって海外へ大量に輸出されるようになりました。 高度経済成長期には、建設ラッシュと共に床の間に九谷焼の置物や花瓶、飾り皿などかざられるようになり 贈答品では、九谷焼の茶器セットなどが日用品として使われるようになりました。 九谷焼の作家では、芸術院会員 二代浅蔵五十吉、人間国宝 三代徳田八十吉、同じく人間国宝 吉田美統、芸術院会員 武腰敏昭といった日本を代表する陶芸作家が誕生している。 現在では高額な作品や若手作家によるこだわりの日常の器であったり観光でのお土産の品であったりそれぞれのニーズに合った九谷焼が様々な方に喜ばれております。

九谷焼の特徴って?

九谷焼は、他産地の焼き物と違って絵付けの色に特徴があります。 「五彩(ごさい)」といわれる青(緑)・黄・紺青・紫・赤を使い力強い構図そして味わい深い絵付けが魅力とされています。この5つの色を「和絵具」といって その内赤以外の4色についてはガラス質の透明感のある色彩で、焼き上がりを触ってみると盛り上がった感じになっています。 それぞれの色には、発色させるための鉱物が使われており 青(緑)には酸化銅、紺青は酸化コバルト、紫は酸化マンガン、そして赤と黄色には、酸化鉄が含まれています。
九谷焼 色見本
これらの基本の色をベースに各作家の先生方は、配合などを変えて自身の作品にあった独自の絵の具を開発します。二代、三代と継承される九谷焼作家窯元では、門外不出の色とされその配合は代々受け継がれ、また改良されている。

九谷焼には、どんな絵柄があるの?

九谷焼には、その時代その時代に考えられた画風や画法があります。その代表的な画風が以下の6つの画風です。いわゆる「歴代画風」です。
九谷焼 古九谷

古九谷(こくたに)画風 1655年〜から約100年間

狩野派の名匠・久隅守景の指導により後藤才次郎が「五彩」を用い花鳥風月などをモチーフに絵画的に完成された大胆かつ豪快な作風が魅力的な画風です。

九谷焼 木米

木米(もくべい)画風 1805年〜1817年

古九谷が廃窯となってからおよそ80年後に加賀藩営で再興九谷の濫觴たる金沢に春日山窯がひらかれ京都の文人画家 青木木米の指導により前面に赤を塗り埋め尽くし その赤をバックに五彩を用いて描かれた唐人たちは、あくまでも風雅で魅力的です。

九谷焼 吉田屋

吉田屋(よしだや)画風 1818年〜1829年

青手古九谷の塗り埋め様式(塗埋手)を再興したもので、赤を使わず青(緑)・黄・紺青・紫の四彩を使っています。(青九谷)模様のほかに小紋を地紋様風にして器物全面を絵の具で塗り埋めた、重厚さがあり独特の雰囲気を醸し出している作風です。皿・鉢・瓶をはじめ、様々な日用雑貨に九谷焼再興を夢見て窯を興大聖寺の承認吉田屋伝右衛門の浪漫がしのばれます。

九谷焼 飯田屋

飯田屋(いいだや)画風 1830年〜1845年

吉田屋窯の系譜に連なる宮本屋窯。しかし、その絵付け主任を務めた飯田屋八郎右衛門が切り開いたのは、吉田屋の「塗埋手」とはまったく異質の馥郁と香る赤絵細密の世界だった。九谷赤絵はこれより始まり、唐墨の紋様集「方氏墨譜」の題材を取り入れた明画風の優れた描写、白い素地に映える精密な赤の小紋と金彩の妙を伝統九谷の精華とするに異論はないでしょう。

九谷焼 庄三

庄三(しょうざ)画風 1860年〜1880年

半世紀以上も作陶に励んだ九谷庄三の最大の功績は、古九谷・吉田屋・赤絵・金襴手など九谷技法の枠を「彩色金襴手」へと昇華させたことにある。これは間取り方式で取り入れこれらを洋絵の具で綿密に描き込んで生まれる至高の絢爛が、明治以降の産業九谷の主流となり世界にその名を轟かせた「ジャパンクタニ」です。

九谷焼 永楽

永楽(えいらく)画風 1865年〜1868年

大聖寺藩によって買収された宮本屋窯は、九谷焼復活の願いを託し「九谷本窯」と称された。その名にふさわしい作陶を実現すべく、京より招かれたのが名工 永楽善五郎和全である。当代に比類なきこの手練れは、幅広い作風の佳品を数多く残したが、加賀の地における真骨頂は、金襴手手法で全面を赤で下塗りし金のみで彩色した作品は、豪華絢爛で気品にあふれ見る者の英単を誘わずにはおかない。

「現代九谷」といわれる明治以降に生まれた画法のいろいろ

九谷焼 青粒

青粒(あおちぶ)

大正時代に広まった色彩の技法。地色上に青粒や白粒と称される細かい点の盛り上げを並べる鮫肌のような手法。

九谷焼 花詰

花詰(はなづめ)

大正二年に金沢の名工水田四郎によって九谷焼に伝わった技法で素地の表面を様々な花で埋め尽くし花の輪郭を金色で括るように描く意匠が特徴です。

九谷焼 盛付

盛付(もりつけ)

デコレーションケーキに生クリームを絞って飾り付けるように粘土の高い絵の具を専用の道具に入れ絞り出して厚く盛り上げる技法です。一般的には置物などに使われる技法で近年では、「デコ盛」として 若年層にも人気です。

九谷焼 彩釉

彩釉(さいゆう)

磁器に和絵具(ガラス質系)を通常の焼成温度より高く焼き上げその和絵具をほんの少し流れるくらいで焼成する。するとグラデーションを生み出し抽象的で神秘的なデザインに仕上がります。 その第一人者が国指定無形文化財保持者にも認定された三代?田八十吉です。

九谷焼 釉裏金彩

釉裏金彩(ゆりきんさい)

素地に下地の色(洋絵の具)を施し焼成します。金箔を切り取ってデザインされた紋様をつくって組み合わせて貼り付け焼成します。最後にガラス質の無色釉を吹き付け焼成します。

九谷焼 釉裏銀彩

釉裏銀彩(ゆりぎんさい)

素地に銀箔を切り取ってデザインされた紋様をつくって組み合わせて貼り付け焼成します。最後にガラス質の和絵具を吹き付け焼成します。

九谷焼 金箔彩

金箔彩(きんぱくさい)

下地に金箔を乗せ焼成することで薄く張られた金箔がひび割れ独特な文様が生まれる技法です。筆では表現できない豪華で趣きのある仕上がりが優美な輝きを放ちます。

九谷焼 毛筆細字

毛筆細字(もうひつさいじ)

明治以降、石川県の加賀地方で継承伝えられた技法で古典文学の和歌などを極細の毛筆で磁器に描き込む熟練がなせる技です。
立体で曲面の多い素磁に絵付け全体とのバランスを図りながら、細字を描く作業は裸眼で行います。また、器の内側に描く際は、縦の線は下から上に引くなど通常とは異なる書き順を用います。

九谷焼で用いられる紋様って

九谷焼には様々な文様が用いられます。 日本では古くから、着物や工芸品に様々な文様があり、その中でもとりわけ縁起が良いものが吉祥文様されています。
九谷焼 麻の葉紋様

麻の葉(あさのは)紋様

見た目が麻の葉に似ていることから名づけられ、神事では、お祓いに用いられる大幣(おおぬさ)にも用いられています。 その影響もあり、麻の葉文様は魔除けの吉祥文様として親しまれています。

九谷焼 紗綾小紋

紗綾(さや)小紋

卍の字がどこまでも途切れずつながっていることから、家の繁栄や長寿を願う不断長久の吉祥文様として古九谷などの画風でよく扱われています。

九谷焼 青海波

青海波(せいかいは)紋

どこまでもいつまでも、穏やかに波が続いていることから、未来永劫の平安を祈る吉祥文様として扱われています。

九谷焼 亀甲紋

亀甲(きっこう)紋

亀の甲羅を図案化し、六角形を敷き詰めた模様にしたもので「鶴は千年亀は万年」というように、古くから長寿の象徴として縁起の良い文様として九谷焼でも用いられております。

九谷焼 七宝紋

七宝(しっぽう)紋

輪をつないで重なった部分は花びらのように見える文様で輪は「和」に繋がり、それがどこまでも続くことから円満や繁栄をあらわした吉祥文様で九谷焼の割取に描かれています。

九谷焼 網目紋

網目(あみめ)紋

網目文を実際の漁網に見立てて魚・海老・蛸などを配した文様も江戸時代後期に生まれ、漁師や魚市場の人々が「大漁文」として愛好しました。 網打って一網打尽にするように敵を打ち負かすようにと武将の紋にも使われました。九谷焼では、赤絵細描のデザインとしてよくもちいられる。

絵付けをする前の素地(形)は、どうやって作るの?

九谷焼の素地づくりには次のような工程で出来上がります。

●砕石・粉砕

砕石粉砕

花坂陶石場(小松市)などで採石した陶石を 長い時間(半日程)をかけて細かく粉砕機で砕き、粉末状にする。

 

●坏土(はいど)・水簸(すいひ)

坏土水簸

【 坏土 】:何種類かの陶石と陶土を水の中でよく混ざり合わせ、 沈殿した粒子の細かい粘土状の土だけを集めると「坏土」ができる。 「九谷の美しさは坏土に始まる」と言われるほど、九谷焼にとっては重要な過程である。 【 水簸 】:精粉した陶石を水に浸し、不純物を取る。 余分な水分を除き、適当な柔らかさにする。


●土もみ

ヒビ・ヒズミの原因となる陶土内の空気泡を抜いていく。

 

●成形

成形

1.鋳込み(流し込み)の場合
・・・ 液体状にした土(泥状)を型に流し込み、素地の厚み分が固まったら余分な泥を取り除いて、型から外し、自然乾燥させる。

2.圧力鋳込みの場合
・・・ 食器などの型に使用される。鋳込み口がそれぞれ繋がった同じ型を10個程重ね、上から液体状にした土(泥状)を圧力をかけて流し込む。それぞれ型から外し、自然乾燥させる。

3.ローラーマシン(大量生産ロクロマシン)の場合
・・・ お皿などの凹の型(石膏)に適量の土の塊を入れ、高速回転した凸の型(金型)を入れ込んで形を成形する。それぞれ型から外し、自然乾燥させる。

 

ロクロ、手びねり、タタラ、鋳込みなど、形に応じたさまざまな成形法がある。


●素焼き

素焼き

成形した素地を半乾きにし、ゆがみなどを修正して仕上げ、削る。 形が整えられた素地を再び乾燥し、800〜900度で「素焼き」が行われる。


●釉掛け

釉掛け

器の表面をガラスで覆い強化するため、釉薬を掛ける。


●窯詰め(本窯)

窯詰め本窯

成型、乾燥させた素地を窯に詰める作業。 およそ1300度の高温で、長時間(15時間以上)かけて焼成する。 ここで釉薬が溶けて、ガラス質になる。