赤絵作家紹介

 

 九谷焼を代表する画法「赤絵細描」。福島武山氏を始め、九谷の赤絵作家・作品をご紹介致します。伝統工芸士が魅せる匠な技術・赤絵の世界観をご堪能ください。


◆ 福島武山(ふくしま ぶざん)
福島武山

九谷焼の赤絵細描の第一人者。先人が築いてきた技術を現代に蘇らせ唐の古典的な鳳凰や唐子等の絵柄と精緻な文様を組み合わせた構図が最大の特徴で多くの人を魅了。赤一色では難しいと言われている「立体感」を見事に表現する。近年では後進の育成にも力を注ぎ、多くの赤絵細描作家を世に送り出している。

 

陶歴


日本伝統工芸展入選
石川の伝統工芸展優秀賞受賞
第23回全国伝統的工芸品公募展にて第1席グランプリ「内閣総理大臣賞」を受賞
第24回全国伝統的工芸品公募展にて「伝統工芸士会会長賞」受賞
第25回・第27回伝統九谷焼工芸展大賞受賞
石川県指定無形文化財九谷焼技術保存会会長に指定される
能美市美術作家協会理事長就任
石川県伝統工芸士会会長就任
2021年 瑞宝単光章受章

 

 
 

作品ページはコチラから → 福島武山 - 九谷焼 いわたや (kutani-iwataya.com)



◆ 福島礼子(ふくしま れいこ)
福島礼子

九谷焼を代表する画法の一つ「赤絵細描」。その第一人者である福島武山氏娘さんで、「武山一門」の人気作家の一人です。女性らしい繊細さとデザインが赤絵ファンを魅了。近年では、ネイルアートでも活躍しています。

 

陶歴

 
平成23年   石川県立九谷焼技術研修所卒業
福島武山工房に入り、父・福島武山に師事
平成26年   能美市美術展 奨励賞
平成27年   北陸新幹線金沢駅待合室陶板制作
能美市美術展 優秀賞
平成28年   ものづくり・匠の技の祭典 匠なでしこ賞
平成31年   第42回伝統九谷焼工芸展 優秀賞

 

 
 

作品ページはコチラから → 福島礼子 - 九谷焼 いわたや (kutani-iwataya.com)



◆ 林美佳里(はやし みかり)
林美佳里

九谷焼を代表する画法の一つ「赤絵細描」。その第一人者である福島武山氏に師事し今では、「武山一門」の人気作家の一人として数多くの作品を世に出しています。女性らしい繊細さとデザインが赤絵ファンを魅了。伝統工芸士として認定されています。

 

陶歴

 
平成19年   石川県立九谷焼技術研修所卒業
平成20年   第3回能美市美術展 優秀賞
平成24年   第35回伝統九谷焼工芸展 技術賞
平成28年   第39回伝統九谷焼工芸展 技術賞
平成29年   第40回伝統九谷焼工芸展 奨励賞

 

 
 

作品ページはコチラから → 林美佳里 - 九谷焼 いわたや (kutani-iwataya.com)